【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目

【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目


【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目
まず最初に住みたいエリアを決めることは当然ですが、その後は雑誌などで物件を調べるよりも直接不動産屋へ出向いた方が良いでしょう。
紹介してくれる多くの物件へ当たることで、きっと理想とする物件に出会えることでしょう。

良い賃貸物件というのはすぐに契約されてしまうものですが、中でも3月前後は非常に競争率が高くなってしまいます。
もしもこの時期に理想とする物件と出会うことが出来れば、迷わず契約を進めていくようにしましょう。

賃貸物件を複数社の不動産屋で所有するケースもありますので、不動産屋が実施をしているキャンペーンや特典を確認しておきましょう。
部屋探しをする時には、様々な不動産会社が実施しているキャンペーン情報を確認してみるようにしましょう。 そもそも賃貸物件というのは、何度も引っ越しを繰り返しているような飽きっぽい人にピッタリの物件となります。
分譲物件を購入し、自分の財産にするのも一つの理想と言えますが、慌てて購入する前に賃貸を利用するのが大変便利です。




【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目ブログ:18/05/23

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
減量や食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

減量って、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

減量も成功せず、
気分も暗くさせる減量の典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思って減量を始めることってありますよね?

もちろん、減量に成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら恋人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思って減量をしている人がいるとします。

もちろん減量が上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
恋人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
減量を失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
減量の失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然減量は成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

おしまい!!!
【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目

【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目

★メニュー

【お役立ち情報】不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
【お役立ち情報】悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
【お役立ち情報】家賃の半年分程度は初期費用として用意
【お役立ち情報】出せる家賃の設定が最も大切
【お役立ち情報】時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
【お役立ち情報】敷金の使われ方と礼金に注意しよう
【お役立ち情報】競合しているからこそ不動産屋は狙い目
【お役立ち情報】賃貸探しは引越しの2週間前
【お役立ち情報】賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
【お役立ち情報】インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)利便性から選ぶ賢い賃貸探し